京都南部

最新情報

2012年8月19日未分類
「学研都市」の新興住宅地・木津川台駅
2012年8月19日未分類
京都府の端・精華
2012年8月19日未分類
後醍醐天皇ゆかりの地・笠置
2012年8月19日未分類
「嵯峨野線」の駅・八木駅
2012年8月19日未分類
後醍醐天皇の悲恋の神社・大河原

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

「学研都市」の新興住宅地・木津川台駅

木津川台駅(きづがわだいえき)は近鉄京都線の駅。
京都府木津川市にある。木津川台駅が開業したのは1994年。近鉄木津川台住宅地の開設にともなって開業したもの。木津川台駅はこの近鉄木津川台住宅地の東端につくられている。大宮神社があり、崇道天皇、誉田別尊(ほむたわけのみこと)を祀っている。崇道天皇は桓武天皇の弟であり、謀反の疑いをかけられ食を断って死んだのち、祀られた早良親王。
誉田別尊は母親・神功皇后が妊娠しているときから「胎中天皇」(母の腹にあるときからすでに天皇である)とされた応神天皇のこと。木津川台駅は同志社国際学院、同志社大学学研都市キャンパス、木津川台小学校、学研都市病院などがある。周辺の施設名によくみられる「学研都市」というのは大阪府、京都府、奈良県にまたがって建設されている広域都市「関西文化学術研究都市」の略。木津川台駅のあるこの一帯もそれに含まれ、経・産・学の連携を掲げている。現在でも住宅地の開発や企業の進出が盛んに行われていり、京都府や大阪市のベッドタウンとして発展している。

タグ

2012年8月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

京都府の端・精華

“祝園駅は「ほうそのえき」と読む。
この祝園駅は京都府精華町にあり、JR片町線(学研都市線)の駅。祝園駅のある精華町は京都府の南端にあり、奈良県と境を接している。エビイモや唐辛子、イチゴが特産で、1955年の町制施行した町。祝園駅は通路で近鉄京都線の新祝園駅と連絡している。
また、JR祝園駅からはペデストリアンデッキを通ってショッピングセンター・せいかガーデンシティに行くことができる。せいかガーデンシティは2007年にオープンしたショッピングセンターで、コープ(京都生協)やファッションセンターしまむら、明光義塾などが入っている。施設管理者は建設会社のシード。祝園駅周辺にはほかに、JA京都やましろの支店や精華町消防署、精華中学校や祝園神社、安楽寺、などがある。
祝園駅から北西にある祝園神社では、アメノコヤネノミコト、タケミカヅチノミコト、フツヌシノカミを祀っている。近世には奈良興福寺の支配下にあり春日神社を称していたため、祭神が共通する。

タグ

2012年8月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

後醍醐天皇ゆかりの地・笠置

笠置駅(かさぎえき)はJR西日本・関西本線の駅で、京都府笠置町にある。
笠置駅は1889年(明治22年)にできた笠置村が、1934年(昭和9年)に町制施行したもの。笠置駅は1897年(明治30年)に関西鉄道の駅として開業し、その後国有化された。笠置駅のある笠置山は、鎌倉時代末期に倒幕を志した後醍醐天皇が一時、身を隠した場所として有名。すでに一度倒幕計画が露見したが責任を問われなかった後醍醐天皇は、三種の神器を持って挙兵し、笠置山に立てこもったが幕府軍に敗れた。
しかしその後、流罪先の隠岐から脱出し、のちにみごと倒幕を果たす。笠置駅から南東にある笠置山には、後醍醐天皇行宮(あんぐう)の跡がある。また笠置駅の南西方向には「こうもり博物館」という施設があり、こうもりの標本が展示されていたり生きたこうもりが飼われていたりする。
また笠置駅の東側には「笠置キャンプ場」があり、川原でキャンプやバーベキューなどを楽しむことができる。笠置駅からは徒歩でわずか5分ほどの距離。

タグ

2012年8月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

「嵯峨野線」の駅・八木駅

“八木駅(やぎえき)はJR西日本・山陰本線の駅。
この八木駅は京都府南丹市(なんたんし)にある。八木駅のある地域は山陰道(国道9号線)とJR山陰本線が平行して走る場所にある。また、八木駅から東には桂川が流れており、保津峡を通じて京都市内、さらには淀川へと流れ込んでいる。八木駅周辺にはスーパーマツモトや公立南丹病院、南丹市八木防災センターなどがある。また、八木駅からは京阪京都交通のバスが出ている。
また八木駅の北には南丹市八木郷土資料館がある。八木駅からは徒歩3分。また「南丹市八木海洋センター」は、6月上旬から3月上旬まで開館しているプール。木曜とお盆期間は休日。京都駅から園部駅までの山陰本線には「嵯峨野線」という愛称がつけられている。これは、観光地として人気の高い嵐山・嵯峨野方面への、京都駅からのアクセス路線という意味合いでつけられたものであり、嵯峨嵐山駅、保津峡駅、馬堀駅ではトロッコ列車で有名な嵯峨野観光線への乗り換えもできる。

タグ

2012年8月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ