京都のかくれた温泉地・るり渓

“園部駅はJR西日本・山陰本線の駅。
この園部駅は京都府のほぼ中央部にあたる、京都府南丹市にある。園部駅の開業は1899年(明治32年)で、開業当初は京都鉄道の駅だった。園部駅があるのは下流で桂川になる園部川沿いの、山間部にあたる。園部駅の西側に京都医療科学大学、園部駅の南西には京都美術工芸大学がある。また、園部駅とバスで結ばれた南西方向には「るり渓温泉」があり、「るり渓高原温泉」と「るり渓フラワー温泉」のふたつの源泉をもつ。「るり渓温泉本館」と「こぶし荘 花あかり」のふたつの宿泊施設をもち、バーベキュー場やテニスコート、ベーカリーなどがある。
また、この区域内にある「ゼロ戦研究所」にはゼロ戦のレプリカが展示されている。また、この近くには「生身天満宮(いきみてんまんぐう)」という神社があり、最古の天満宮。菅原道真が大宰府に流されたあと、道真の息子の養育を頼まれた園部の代官が建てた。道真を存命中から祀った唯一の神社である。
園部駅からるり渓までは1日5本の無料バスが出ている。”

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ